上記のデーターでも分かると思いますが未婚者が増加すると出生率も減り、少子化も進むことになります。
少子化が進めば地域が衰退する要因にもなります。

結婚相談所として縁(えにし)は、この数字を減らすことを目的として考えています。
2015年では4分の1が再婚となっております。
以下が結婚を構成する、初婚・と再婚の割合です。
27年国勢調査・未婚率の推移1




今回はの分析では「再婚」の割合注目されています。

初婚・再婚データ1


再婚の割合は徐々に増え続け2015年では結婚のうち、実に4分の1が再婚となっています。
 
厚生労働省では再婚に対する意識が変わってきたことが背景ではないかと分析していま以下が結婚を構成する、初婚・と再婚の割合です。
また2007年~11年に離婚した人のデータから、5年以内に再婚したかどうかの結果では、
全体で夫は約30%。妻は約20%が再婚していました。
 
離婚した年齢が若いほど再婚する率がたかくなっており、夫は30代前半までの離婚で再婚率が約40%ですが、40代では約20%でした。
 
妻は20代までで約40%。しかし30代前半で約30%、後半での離婚では約20%まで下がっていました。   
婚活というものが世の中に浸透した今、これから婚活をしたい方、興味がある方、結婚相談所の力で結婚された方も多くあります。
ぜひ一歩踏み出して下さい。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。